2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークの批評対話

本日は、バージョン変えした「バイセクル」の初公演でした。
子どもと舞台芸術出会いのフォーラムに参加して、夜にはデンマークから2人の講師をお招きした批評対話が実施されました。

批評対話は批判ではありません。
作品を将来に向かってより良いものにしていくために、作品に関して様々な切り口でお話しします。

成果はと言うと、、、。

批評に対して、作品の擁護にやっきにならずに、話題になっていることに誠実に話していきたいと考えて、批評対話に臨みました。そういう意味では、しっかりお話できました。

ただ、少し話がかみ合わなかったなあと、反省しています。
作品をつくるなかで、自分たちが取捨選択してきた様々なことを、言語化して意識しておくという作業は、とても大事なんだなあと再認識しました。
異国の方からの率直な質問に対して、分かりやすい明快な言葉で答えるためには、相当意識を高くもっておかなくてはならないのだ、と。
良い勉強になりました。

つぎは、いいだ人形劇フェスタと、喜多方21世紀発シアターに出発です。
もっともっと良い作品になるよう、これからも頑張っていきます!!

スポンサーサイト

プルーンピープル!

ひとみ座公式ホームページのツイッターに、時折登場する「バイセクル」情報。
原作の一冊を「Prune People」(のような作品)に切り替えて、再出発する稽古模様が公開されています。

初演は、7月21日(木)15時開演。詳細は、ひとみ座公式HPでご覧ください!
貴重なステージになること間違いなしです!!

新サイトがスタートです!!

遅ればせながら、今月に入り、2011年の新「バイセクル」の稽古が始まりました。
それに合わせて、サイトもリニューアル!!

「あらすじ&舞台写真」のなかの「??????????」がアップされるのを、ご期待ください。

7月の今年初上演が楽しみです。

演出 石川哲次

バイセクル 次なる予定

みなさん大変ご無沙汰しています。
昨年末以来日、一時休止していた「バイセクル」。いよいよ夏から再始動が決定しました!

初演は、7月21日(木) 15:00より。
子どもと舞台芸術・出会いのフォーラムに参加します。
国立オリンピック記念青少年総合センターにて(小田急線参宮橋駅下車徒歩7分)。
会費 2,000円です。
詳しくは→ http://www.kodomotobutai.net/2010deai_butai1.html

今年より、作品の内容をさらに改変します。
これまで、「優雅に叱責する自転車」と「不幸な子供」の両作品をミックスして上演しましたが、「不幸な子供」のパートを一切カットすることにしました。

お芝居を観たお客様の心の中に、自転車に乗ったエンブリーとユーバートの冒険が強く残っていてほしい。

「不幸な子供」はゴーリーらしい毒のある作品で、サブカルチャー「バイセクル」の売りであり、両演出お気に入りの作品ですが、この作品で最も大事なものは何かと考えた結果、改作に着手することになりました。

もちろん、ただカットしたわけではありません。ゴーリーらしいナンセンスを別のアングルから加えるべく、根幹の構成から作品を練り直しています。
まるで新作を仕込んでいる気分です。

演出 石川哲次

ロミオとジュリエット

去年の12月に「バイセクル the bicycle」のクリスマススタジオ公演を行った同じ会場で、まもなく仮面人形劇「ロミオとジュリエット」が始まります!

その昔、渋谷にプルチネラという人形劇小劇場をひとみ座が運営していた頃、そこで上演された伝説の名作です。
この歴史ある作品に、果敢に若い出演者陣(一部ベテランもいますが)で挑みます。
ロミオとジュリエットが、何とひとみ座一年目の新人ホヤホヤコンビ!!
最初はぎこちなかった二人の演技も、だんだん仕上がりを感じさせるようになってきました。

「バイセクル the bicycle」のメンバーも、色々な形で参加しています!
石川哲次は、構成・演出から、照明に。
篠崎亜紀は、ユーバートから、乳母に。
勝又茂紀は、作家から、召使いに。
田中弘映は、自転車から、ティボルト兼舞台監督に。
松島麗は、制作兼コンサート隊から、ベンヴォリオに。
若狭博子は、制作兼コンサート隊から、パリスに。

より華麗に、またはより地味に、転身しています!
ご期待ください!

構成・演出 石川哲次


3月5日(土) 14時・19時
3月6日(日) 14時
3月7日(月) 19時
3月8日(火) 14時

大人2,200円 小人1,700円 ひとみ座倶楽部会員200円引き 当日券は300円増

ひとみ座第一スタジオにて

お申し込み
人形劇団ひとみ座
TEL.044-777-2222 FAX.044-777-5111
E-mail studio@hitomiza.jp




«  | HOME |  »

プロフィール

ひとみ座 

Author:ひとみ座 
バイセクル公演用
特別サイトへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

FC2 Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。